田中

弁護士に依頼して交通事故慰謝料支払いをスムーズに

交通事故の示談交渉は保険会社が提供する示談交渉サービスを活用すれば大丈夫だと思ってはいませんか?示談交渉サービスのメリットは被害者が加害者側と会うことなく示談交渉を肩代わりしてくれるので、交通事故に伴うストレスから解放されることと、交渉のプロに依頼することで被害者に有利に話し合いを進めてくれることです。ただし示談交渉サービスが利用できるのは過失割合が双方にある場合に限られます。追突事故のように加害者の過失割合が10割だと、示談交渉サービスは利用できないのです。そのような場合に役立つのが弁護士です。

弁護士は慰謝料請求のエキスパート

弁護士は数多くの慰謝料請求事例を扱っています。交通事故における賠償請求は、弁護士に依頼することで被害者に有利に進められます。示談交渉サービスも便利ですが、弁護士に任せるなら、示談交渉サービスよりもさらに有利な慰謝料請求ができます。弁護士は過去の判例に基づく弁護士基準に従って示談交渉をするため、慰謝料の増額が見込めるのです。

慰謝料の支払いもスムーズ

弁護士に依頼するなら、慰謝料の支払いもスムーズです。被害者が間に入る必要がなく、被害者側に有利になるように話し合いを進めてくれます。慰謝料を増額できるのに加えて支払いもスムーズになるのですから、弁護士に依頼するメリットは高いことがわかるでしょう。慰謝料支払いまでの手続きをサポートしてもらえるので、交通事故後の紛争もスピーディに解決できます。

弁護士費用をどう賄うか

弁護士に依頼したいと思っても、費用面が心配という人もいるかもしれません。弁護士費用は安くはないため、自分で費用を工面するとなると数十万円もの費用が必要です。この費用を賄うために用意されているのが弁護士費用特約です。補償される費用は300万~500万円ですから、この特約を付帯しておけば弁護士に依頼した場合の費用を十分賄えます。毎月の保険料も100円~200円程度ですから費用対効果は十分です。