田中

被害者請求による自賠責保険の慰謝料の支払い

自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は強制保険ですから、車の所有者は必ず加入しますが任意保険には義務がありません。交通事故の慰謝料請求は被害者が加害者に対して行うものですが、だれもが誠意をもって対応してくれるとは限らないため、時には被害者が加害者に直接慰謝料などの請求をしなければならない場合もあります。人によって任意保険に加入していない場合もあります。基本的に賠償責任を負うのは加害者であり、支払う義務がありますが加害者が応じてくれない場合はどうすればよいのでしょうか。

被害者請求を活用する

自賠責保険には被害者請求と呼ばれる制度があります。この制度は被害者保護の観点から導入されています。自賠責保険は加害者が被害者に賠償金を支払ったのちに、加害者が自賠責保険に対して請求するのですが、加害者が支払いに応じない場合には、被害者請求を利用して損害保険会社に賠償金を請求できます。この制度が利用できるのは加害者側が支払いに応じない場合に限られます。

被害者請求の方法

被害者請求は加害者側が加入する自賠責保険の取り扱い保険会社に対して行います。相手と連絡が取れない場合や、教えてくれない場合もあるかもしれません。そのような場合を想定して、交通事故証明書には加害者側が契約している自賠責保険の情報が記載されています。事項証明を発行してもらえば、請求先の保険会社が分かります。

慰謝料の支払い

被害者請求をすることで、自賠責保険から慰謝料が支払われます。自賠責保険の慰謝料額は日額4200円ですから、ケガの治療に要した期間をかけた金額が慰謝料の総額になります。書類を提出し、保険会社が内容を確認した時点で指定の口座に慰謝料を含めた賠償金が振り込まれます。振り込まれる金額については保険会社から被害者側に対して通知が届くので、それを見れば確認できるようになっています。もし通知に記載の金額と振込金額が異なっている場合は、速やかに保険会社に連絡をしてください。