田中

慰謝料の支払い前に仮渡金を受け取るには

交通事故の被害に遭いケガの治療が必要になると、治療費などの費用がかかります。治療費や賠償金、慰謝料は示談成立後に支払われるため、当面の治療費が心配になるかもしれません。加害者側が任意保険に加入している場合、任意保険から一時的に治療費を立て替えてもらうことができる場合がありますが、相手が自賠責保険にしか加入していない場合や、立て替え払い制度がない保険に加入している場合、被害者が治療費を立てかえることになります。そのような場合、自賠責保険の仮渡金制度を活用しましょう。

仮渡金とは

仮渡金とは自賠責保険の補償の一つで、被害者が請求できる制度です。仮渡金は被害者が加害者に対して請求するのではなく、加害者側が加入する自賠責保険の取り扱い保険会社に請求します。仮渡金が支払われる条件は、加害者が賠償金を支払っていない場合に限られます。すでに加害者が治療費を負担しているのであれば、被害者側は仮渡金を請求することはできません。

仮渡金の請求方法

仮渡金を請求するには、損害保険会社に対して申請を行う必要があります。加害者側が加入する自賠責保険の内容について知りたい場合には、交通事故証明を発行してもらうことで確認できます。交通事故証明には加害者が加入する自賠責保険の取り扱い保険会社に関する情報が記載されているからです。保険会社に連絡を取ると、申請に必要な書類が送付されます。必要事項を記入し、送付すれば指定の口座に仮渡金が振り込まれます。

仮渡金の額

仮渡金はケガの程度や後遺障害の等級によって異なります。被害者が死亡した場合は葬儀費用として290万円、ケガや後遺障害の場合はケガの程度に応じて5万~40万円が支払われます。仮渡金が支払われた場合、慰謝料を含めた示談金からその分が差し引かれます。仮渡金は1回の事故につき1度まで請求が可能です。仮に仮渡金の額が慰謝料を含む賠償金を上回る場合は、差額の費用を変換することになります。