田中

交通事故の慰謝料支払い時期は保険会社によって違う?

交通事故の慰謝料は示談が成立した時点で支払い手続きに入ります。慰謝料の支払い手続きにかかる時間は損害保険会社各社ともにそれほど違いはありません。その理由はかつて問題になった保険金不払い事件に端を発しています。本来であれば支払われるべき保険金が支払われていなかったという事例が明るみに出たため、損害保険会社各社は是正に取り組みました。保険金が十分支払われないという疑念を払しょくするため、かつてと比較すると慰謝料を含めた損害賠償金の支払いは増額されています。

支払い手続き

示談とは加害者側が提案した賠償金の額に納得したことを明らかにする手続きです。示談書には被害者側に支払われる賠償金の総額が記載されます。そこには被害者側が立て替えた場合の治療費、休業補償費用、慰謝料が含まれています。示談書の内容を確認し、納得した場合には署名と捺印を行います。その際に慰謝料を含む賠償金の振り込み口座を指定します。示談書に記入し保険会社に郵送することで被害者側の手続きは完了します。

支払いまでの期間

慰謝料が支払われるまでの期間は保険会社によって若干の差があるものの、示談書が保険会社に到着して3~4営業日後に振り込まれることになっています。示談書には振り込み時期についての記載がありますので、確認しておくことよいでしょう。振り込み時期について確認したい場合には、保険会社に連絡を入れてください。

支払い額を確認する

慰謝料の支払いが完了すると保険会社から支払い証明書が郵送されます。証明書には支払った保険金の内訳と総額が記載されています。この書類は加害者側にも届きます。加害者側はその書類を受け取った時点で示談が完全に成立したことが確認できるようになっています。指定した振込口座に示談金が振り込まれているかを確認してください。もし振り込まれた金額と示談書の金額が異なっている場合や期日を過ぎても振り込まれていない場合はすぐに保険会社に連絡を入れましょう。