田中

交通事故の慰謝料支払い額には相場がある

慰謝料の支払い額には相場があることを知っていましたか?慰謝料は交通事故の被害者が受けた精神的な苦痛に対する賠償金のことですが、感情は人それぞれ異なりますし、目に見えるものではないため、精神的な苦痛を金銭に換算することは本来であればできません。だからと言って何もしないでいることはできないはずです。そのために設けられたのが賠償金という概念です。もし賠償金にある程度の基準がなければ、保険会社は交通事故のたびに時間をかけて賠償金について話し合わなければならなくなります。被害者側としてはできるだけ早く補償をしてもらいたいと思うはずです。そのような背景から慰謝料の相場が設けられました。

慰謝料の相場はどのようにして決まるのか

慰謝料の金額があらかじめ決まっているのは自賠責保険だけです。任意保険の場合はあらかじめ金額が定まっているわけではありません。保険会社は慰謝料を含めた賠償金の支払いをできるだけ速やかに進めるため、過去の保険金支払い事例や、平均賃金、ケガの程度による平均的な治療期間などの情報を分析して相場を決定します。これを任意保険基準と呼んでいます。

任意保険基準の相場が低い理由

任意保険基準を適用して慰謝料が支払われる場合、被害者は慰謝料が少ないと感じる場合が少なくありません。その理由は保険会社側が有利になるように相場が決まっているからです。自動車保険の加入者は減少傾向にあり保険会社の収益が減少していることから、慰謝料支払い額をできるだけ少なくしたいと保険会社は考えているのです。

慰謝料支払い額を増やすには

慰謝料の支払い額を増やすためには、より高い補償額を適用した相場で計算する必要があります。その相場を弁護士基準と呼びます。この基準を適用してもらうには弁護士に依頼する必要がありますが、弁護士基準を適用することで保険金額の相場がアップします。弁護士基準も相場が決まっているため、交通事故のケガの程度によってある程度の慰謝料額を求めることができます。


マイカーローンでお金がなくても自動車を購入する方法
xn--ecko5mkc4a4cb.xyz