田中

交通事故の慰謝料支払い計算基準

交通事故の慰謝料はどのようにして決まるのでしょうか。慰謝料の支払いは一定の基準に従って計算します。慰謝料を決める基準となるのは自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。自賠責基準とは自賠責保険の給付額に基づいて慰謝料を算定する方法です。任意保険基準とは保険会社が過去の保険金支払い事例をもとに定めた基準のことで、保険会社によって若干異なります。弁護士基準とは過去の判例に基づいて弁護士会が策定した基準を指します。

慰謝料の支払い額は算定基準によって変化する

慰謝料の支払い額は自賠責保険の補償を除いて一律ではありません。自賠責保険は強制保険で、自動車の所有者は必ず加入が求められる保険です。そのためあらかじめ慰謝料を含めた補償額が決められています。治療費や慰謝料を含めた損害賠償額が自賠責保険の範囲で収まる場合は慰謝料の支払い額を個人でも計算できますが、任意保険を利用する場合は個人で計算するのは難しくなります。

任意保険基準と弁護士基準の違い

任意保険基準と弁護士基準は同じ任意保険から補償されるにも関わらず補償額が異なります。任意保険基準は保険会社が独自に定めた算定基準になるため、補償額はたかくありません。慰謝料についても同様です。弁護士基準で算定した場合と比較するとその差は歴然です。慰謝料を多く支払ってもらうには弁護士基準で算定する必要があります。弁護士基準を適用するためには何が必要なのでしょうか。

弁護士基準で慰謝料を支払ってもらうには

弁護士基準を適用してもらうためには、示談交渉を弁護士に依頼する必要があります。保険会社は被害者が弁護士を立てた時点で初めて弁護士基準で慰謝料を算定します。慰謝料の支払いを少しでも多くしてもらうためにも、弁護士に依頼することをおすすめします。弁護士に依頼する場合には高額な弁護士費用がかかるため、前もって弁護士費用特約を付帯して万一に備えることが大切です。