田中

交通事故の慰謝料はいつ支払われる?

交通事故の慰謝料は示談が成立したのちに支払われます。慰謝料を含め、賠償金を算定するためには、実際にかかった医療費などの証明が必要です。もし交通事故で負傷し、治療のために入院することになったとすると、その後のリハビリを含めすべての治療が完了するまで賠償金額は確定しないことになります。この間の医療費は相手が任意保険に加入している場合、加害者側の保険会社が支払うため立てかえる必要はありません。その場合も病院に対して加害者側の保険会社に支払ってもらうよう念を押しておくとよいでしょう。場合によっては病院側が被害者に治療費の請求をしてくることもあります。どうしても立て替えなければいけないのであれば、そうするしか方法がありません。

慰謝料の支払い時期

慰謝料は前述のように示談が成立したのちに支払われます。示談が成立すると、ケガの治療費や休業補償などをまとめて賠償金という形で支払われます。支払いを行うのは保険会社です。示談書にサインをする時点で、振込口座を指定します。指定した口座に振り込まれるのは、示談書を送付後数営業日が経過してからです。

慰謝料がなかなか支払われない理由

慰謝料が振り込まれるまでかなりの時間がかかることがあります。理由の一つが治療に時間がかかる場合です。治療期間が長引けば長引くほど慰謝料の金額は増えています。ただし慰謝料が確定するのは治療がすべて完了した時点です。後遺障害の場合については障害認定が出た時点です。そのためどうしても支払いに時間がかかってしまうのです。

前倒して受け取れないのか

慰謝料は前倒しで受け取ることはできません。ただしケガの治療費や入院費などの費用は加害者側に支払ってもらうことができます。もし自動車保険の人身傷害保険に加入している場合は、人身傷害保険から前もって補償が受けられます。人身傷害保険のみを利用した場合はノーカウント事故になるため等級が下がる心配はありません。